2011 フォーミュラ・ニッポン 第3戦 富士
富士スピードウェイ
2011/7/17




暑い暑い・・・。 富士山近いからって涼しいってことは全然ないです。決勝スタート時点で気温34℃、路面温度50℃。


予選と決勝が同日に行われる1day開催。でも予選が8時からなのはちょっと早すぎのような。


予選Q3のラストアタックへ向けてピットを出るシーン。緊張感が伝わってきます。


イベント広場ではデモ走行。 ダカールラリー市販車部門6連覇の TLC(チームランドクルーザー・トヨタオートボデー) / ランドクルーザー


障害物を結構な勢いで乗り越えてます。外から見ていても衝撃は想像以上。


一方こちらは、ダカールラリー トラック部門 市販車・排気量10Lクラス優勝 HINO TEAM SUGAWARA / 日野レンジャー





フォーミュラ・ニッポンのサポート(前座)レースといえばF3。 ステップアップを目指ししのぎを削っています。


F3 第7戦  Po.1  安田裕信 / ThreeBond


F3 第7戦  Po.2  山内英輝 / PLANEXハナシマ F308


F3 第7戦  Po.3  蒲生尚弥 / PETRONAS TOM'S F308





日本では知られていない、FIA-GT3/GT4車両による東南アジアを中心としたレース「GT ASIA」が日本初開催です。
昨年9月のスーパーGT富士で初開催予定でしたが、台風被害で中止になっていました。

GT ASIA 第6戦  Po.1  MOK Weng Sun / Ferrari F458 GT3


GT ASIA 第6戦  Po.2  Dilantha MALA GAMUWA / Lamborghini LP 560 GT3
このドライバー、ディランタ・マラガムワはフォーミュラ・ニッポンやJGTC(スーパーGTの前身)に昔参戦していたとか。

GT ASIA 第6戦  Po.3  Tunku Hammam SULONG / Lamborghini LP 560 GT3


スーパー耐久に参戦中の Audi R8 GT3 が GT ASIA にスポット参戦。結果は5位。


他にもこのフォードGTやジネッタG50など、スーパーGTでは走っていないGT車両も見られてよかったです。





スーパーGTとは違ってフォーミュラ・ニッポンのピットウォークは空き気味。そんな中でも、
この2人、アンドレ・ロッテラーと中嶋一貴のサイン待ちだけは長蛇の列。 さすがル・マンウィナーと元F1ドライバー。

箱根方面の山々がクッキリ。中央の鉄塔の右に少し隠れているのが御殿場プレミアムアウトレットの観覧車。鉄塔左がアウトレットの立体駐車場。


いよいよ、フォーミュラ・ニッポン決勝。


3番手スタートの中嶋一貴がスタート失敗! 6番手にまで順位を下げる。


1周目。 J.P.オリベイラ、トップをキープ。


2週目。 早くもメインストレート上でアンドレ・ロッテラーがJ.P.オリベイラをオーバーテイクし、トップに!



ここから下は、決勝レース結果順位順になっています。


Po.1  アンドレ・ロッテラー / PETRONAS TEAM TOM’S





Po.2  平手晃平 / TEAM IMPUL





Po.3  中嶋一貴 / PETRONAS TEAM TOM’S





Po.4  ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ / TEAM IMPUL


Po.5  塚越広大 / DOCOMO TEAM DANDELION RACING


Po.6  石浦宏明 / Team KYGNUS SUNOCO


Po.7  小暮卓史 NAKAJIMA RACING


Po.8  中嶋大祐 NAKAJIMA RACING


Po.9  山本尚貴 / TEAM 無限


Po.10  伊沢拓也 / DOCOMO TEAM DANDELION RACING


Po.11  小林崇志 / HP REAL RACING


Po.12  大嶋和也 / Team LeMans


Po.13  アンドレア・カルダレッリ / KONDO RACING


Po.14  嵯峨宏紀 / Le Beausset Motorsports


Po.15  国本雄資 / Project μ/cerumo・INGING


Po.--  アレキサンドレ・インペラトーリ / SGC by KCMG










ロッテラーはル・マン参戦のために欠場した前戦を除くと全勝。中嶋一貴は前戦優勝全戦表彰台でポイントリーダー。トムス3連勝で圧倒的です。
中嶋一貴はなんだかんだ言ってもF1の経験を活かして、フォーミュラ・ニッポンルーキーながらこの活躍です。
場内実況をされていた松田次生が冗談を言っていました。「この2人がチャンピオン争いで もつれて仲が悪くなり、スーパーGTの方に悪影響が出れば、
こちらは楽なんだけどなぁ。」と。(笑)



OLYMPUS E-30
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 / ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm F4.0-F5.6

(適宜トリミング済み)


HOME | TOP
The Repaint for Microsoft Flight Simulator. [フライトシミュレータ リペイント]
(C) Copyright 1999-2014 Sugiyasu All rights reserved.